FC2ブログ

記事一覧

久々の福岡


3月18日は、久々の故郷 福岡でのライブ。

この日はBrian the SunのVo.森くんに呼んで頂き実現したイベントだったのだ。

森くんとは、新宿のゴールデン街でお酒飲んだりして仲良くなった仲でして
そのゴールデン街の飲みの時に、色々アドバイスとか頂いたり なんて関係の中で呼んで頂いたので凄く嬉しかった。

僕の中で兄貴的存在です。

そんな、森くんとのライブもそうだし 地元でしかも長尺でたっぷり歌えるという事で この日をとっても楽しみにしていました。






セットリスト 2018.3.18 @LIV LABO

01.Once I Was (Cover:Tim Buckley)
02.SHIKISAI
03.SOS
04.ギシンアンキ
05.Sunshine Rainy Day
06.タイトル未定(新曲)
07.ラスト・ワルツ(新曲)
08.無我の境地
09.蓮
10.世界は時々美しい


20180318
LIV LABO with 森くん20180317
この日に歌った新曲“ラスト・ワルツ”は、実は2〜3年前に作った曲で
その昔、僕が福岡の西新に住んでた頃に沢山お世話になっていた定食屋“西新ワルツ”というお店がありまして、その西新ワルツが閉店する時のラストパーティーに向けて作った曲なのだ。

西新ワルツのご夫婦には沢山お世話になってて、よくご飯やお酒を飲みに行ってたし お店が終わった後に飲みに行ったりしたり 沢山遊んで頂いた。

だからこそ、感謝の気持ちを込めて作ったのだけど

当時の僕は直前になって 何故か恥ずかしくなって 、「なんか酔っちゃってる気がするな」とか自分の気持ちにも恥ずかしくなったりで 結局歌わなかった。

今考えると、凄く後悔してる。



時を経て最近、よく西新ワルツの事を思い出す。

そういえば曲作ってたよなと思い出してファイル開いたらそれがいい曲で。
地元に帰ってくるのだし 歌おうと思ったのだ。

福岡の曲を福岡で歌えてよかった。

モノゴトには、無情にも“終わり”が存在するけれど、歌の中では“永遠”だったりもするのだ。

なので、この“ラスト・ワルツ”という曲は僕の仲では永遠に続くワルツ、つまりは悪あがきの歌なのです笑


気に入って下さった方がいましたら凄く嬉しいです。


そういえば、先日久々に西新の街を歩いたのだけど プラリバ再開発するんだってね。

なんか、時計の針が戻ったような 進んでるような不思議な気持ちになりました。





話はそれたけど、森くんのライブ素敵だった!

白い部屋が好きだから、弾き語りバージョンで聴くことが出来て嬉しかった。

アンコールの即興セッションも楽しかったな。結局ラーメン食べんかったけど、それは次回にお預けって事で。


という事で、久々の福岡ライブ。とても充実の一日でございました。


中洲20180318

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yota Towatari

Author:Yota Towatari
日々の事を

このページのトップへ