FC2ブログ

記事一覧

ただのぼやき

なぜかわからないけど、年を重ねるにつれて周りの目を気にする事が増えたように思う今日この頃。

夢を一途に語ろうとすれば「現実を見ろ」と周りや世間は言うし、逆に現実に目を凝らし続けても何故か心が病みそうになるし「つまんない」と人々は言う。

適度に夢を見ろという事だろうか?
それが大人になるという事なのだろうか?

でもそれって中途半端じゃない?


一番怖い事は、周りの目も憚らず夢を語っていた自分から、歳月と共に自分さえ気がつかないうちに諦めの自分に変わっていく事だと思う。

ここ数年、自分の個性を押しつぶしてくるような環境にいたからかもしれないけれど
いつの間にか、自分の言葉や思いを押し殺して 上手に生きようとしてる自分がいる事に気がついた。
しかも、器用ではないくせに笑

次第に意見する事や、思いを口にする事すら億劫になってしまって ミイラ取りがミイラになるが如く
気がつけば昔の自分が一番なりたくなかった大人に仲間入りしていたのだ。


「わがまま」だったり、「自己中」だったりっていうのは世間ではよくマイナスなイメージで捉えられがちだけど
実はそうじゃなくて、それはある日「こだわり」だったり「譲れない気持ち」だったりに変わったりする大切なものなんだなって最近強く感じる。

最近、何故かはわからないけど そんな「こだわり」だったり「譲れない想い」みたいなものが、
ずっと蓋をされてた石を押しのけるかのようにちょろちょろと湧き出てきてる。


そんな感情がいつだって自分を突き動かしてきたんだよなぁって懐かしんでみたり。



一途に夢を見続けて
とことん現実と向き合って目を逸らさず目を凝らす。

そんな生き方をして行こう。
それが僕にとっての大人になるっていう事なのかもしれない。



たまには、目的なくブログを書いてみるのも悪くないね。

とっ散らかった頭の中が片付いた気がしました。

けど、何年後かにこの文章を見返したら頬を赤らめるのかな?笑

現に今、更新のボタンをそわそわしながら押している自分がいる。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yota Towatari

Author:Yota Towatari
日々の事を

このページのトップへ