FC2ブログ

記事一覧

戸渡陽太十番勝負Vol.1

先ほど家に帰宅。

今日は第一回目の戸渡陽太十番勝負でした。

本当に本当にいい夜でした。
今日が終わるのが惜しいと思えるくらいに。


今回の東京での初主催のLIVE、沢山の人に見に来て頂き本当に嬉しかったです!

ありがとうございます。

今日出て頂いた「アサミサエ」ちゃんと「アザヤイタ」さん、二組とも十番勝負の名の通りカッコいい演奏にとても痺れました。

二組とも年齢が近いのもあって、刺激を沢山頂いてます。

皆さんも今日出た二組を気に入って頂けると凄く嬉しいです!


そんな素敵な演奏の後に今回の十番勝負のお相手、GREAT3の白根賢一さんと二人で演奏させて頂きました。

リハの時も凄いと思ってたけど、本番になるともっと凄い!

何度も要所要所で、力強いドラムで背中を押して頂きました。

今回、白根さんと時には寄り添いながら、時には引っ張りながら、時には支えて貰いながら、色んな形で二人で音楽を創り上げていく事が出来て、しかもそれがいい形になって本当に嬉しかったし、本当に良かった。

また、白根さんとご一緒したいなぁ。   


セットリスト 2015.8.27 渋谷La.mama

01.マネキン
02.探せ
03.Take it easy
04.SHIKISAI
05.SOS
06.ギシンアンキ
07.諸行無常の世の中で
08.世界は時々美しい

{83C63ADD-833D-443A-9F26-378CD00B7FAF:01}




それと、MCで言いかけてた事ですが福岡で2~3年くらいずっとお世話になってた方がいて(今もお世話になってるんだけど)

その方が昔、GREAT3さんを担当されてて巡り巡ってこのタイミングで白根さんとご一緒させて頂けたという事に何か不思議な縁を感じずにはいられません。(考えてみればその方とも不思議な出会いだった)

きっと今回白根さんとご一緒したという事は、2~3年前から始まった必然的な何かだったのでしょう。

色んな「出会い」や「出来事」が噛み合って、今回の十番勝負Vol.1で白根賢一さんという素敵なドラマーさんとご一緒させていただけた事にただただ感謝です。

そして、そんな何年も前から始まった歴史を今日、渋谷La.mamaに目撃しに来て下さった皆さんもありがとうございます。きっと今日見に来て下さった皆さんとも今後大きな歴史が生まれていくのでしょう。

必然的な出会いが連鎖していく

本当に、本当に嬉しいです。僕の音楽を好きでいてくれたり求めてくれる皆さん本当に本当にありがとうございます。

なんか大袈裟かもしれないけれど生きてて良かったなんて、こんな夜を体感するとよく思います(笑)

なんで、MCでちゃんとこういうことを言えないんだろうな(笑)

MC頑張ります。



さて、歴史はまだまだ続きます。

今日対バンが発表されましたね。

戸渡陽太十番勝負Vol.2

次回はBEAT CRUSADERSのマシータさんと対峙させて頂きます。
対バンも今話題沸騰中のバンドが決まってます!

9月30日は是非下北沢シェルターに遊びに来て下さいね! 

------------------------------------------------------------

『戸渡陽太10番勝負』
~Vol.2~ 戸渡陽太 with マシータ(ex BEAT CRUSADERS)/最終少女ひかさ/asobius
下北沢SHELTER
■ OPEN
 
18:30
 
■ START 
19:00
■ FEE 
前売¥2,000 +1ドリンク
■INQUIRY
下北沢SHELTER 
03-3466-7430

------------------------------------------------------------



そして、実は日付け跨いで今日の3時50分には起床しなければならなかったりするのです…

何故なら、明日はSWEET LOVE SHOWERだから!(もう今日やけど)

ちなみに、SWEET LOVE SHOWERの一発目に音を出すのが僕だったりします。サポートに誇太朗氏をお迎えしてのLIVEです。

ただいまの時刻1時30分…起きれるのか俺!?



では、山中湖でお会い致しましょう。


PS.ちなみに、今日会場で転換中などにElliott Smithの曲を流しました。

今後、十番勝負では僕の好きな曲などを流したりしますのでそちらもお楽しみに。

コメント

1. うらやまし(^^)

戸渡くんの文章から興奮がバンバン伝わってきます!
最高のLIVEだったんだなぁ(^^) いいなぁ。
そして、そんな出会いや経験を出来ているのはそれだけ頑張っているからこそですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yota Towatari

Author:Yota Towatari
日々の事を

このページのトップへ