記事一覧

十番勝負Vol.5

昨夜は十番勝負Vol.5でした。


今回のお相手は僕の1stEP"プリズムの起点"と2ndEP"孤独な原色たち"のプロデューサーである深沼元昭さん(Mellowhead・PLAGUES・GHEEE)をお迎えしての十番勝負だった。


さらに対バンにはJake stone garageを迎え、馴染みの面々が集まった十番勝負となった。


深沼さんとJakeという馴染みの面々だからこそ成せる今までに無い十番勝負をお届け出来たと思うのですが…楽しんで頂けましたか?


皆さんに楽しんで頂けたと確信しております、よ!

セットリスト 2016.1.25 下北沢SHELTER

01.黄泉のゴンドラ
02.SHIKISAI
03.SOS
04.ギシンアンキ
05.Take it easy
06.マネキン
07.世界は時々美しい
EN
08.木と森
09.あなたの中を旅したい

{6A5B192F-345B-4181-9223-17C7215A34F4:01}




1曲目と2曲目の"黄泉のゴンドラ"と"SHIKISAI"は深沼さんと2人で演奏した。
特に、SHIKISAIは自身初の同期音源を使っての演奏をした。

初めての同期でのLIVEですが、新たな表現の幅を広げたような気がしてます。
今後、同期物でのLIVEとかもやっていけたら面白いなぁとか思ったり。


3曲目からはJakeからヒデくんを呼んで、更には深沼さんにベーシストになってもらいトリオ編成でのLIVEに。(ちなみにこの日は深沼さんのベーシストデビューでした!凄かった!)

このトリオ編成、新たな戸渡陽太の音楽の可能性の片鱗が見えたと思います。
普段、2人でやっているLIVEにベースが入る事によりあんなに音楽の幅が広がるとは…
ヒデくんのドラムはもちろん深沼さんのベースによってより強力なグルーヴが生まれ、更には3人だけでジャンルを飛び越えるような音楽を生み出せたと思っております。

特に"SOS"はより、このトリオ編成のグルーヴが反映された曲になったのではないでしょうか?

今後、またこのスタイルでLIVEしたいという野望が生まれました。


そして本編最後の曲"世界は時々美しい"ではJakeのベース司くんをお呼びして演奏。
司くんの力強くセンスの良いベースが入ったお陰で、世界は時々美しいの音源により近いサウンドを皆さんにお届けする事が出来たのではないでしょうか?

歌っててとても気持ちが良かった。

あの曲で、皆んなを見た事も無い世界に連れて行けたのなら嬉しい。



その後、アンコールでは東京では初めてお披露目する“木と森”を。
ここまでお呼びしてなかったJakeのサトシさんをお呼びして(サトシさんすいません!笑)5人で喧しくやりました!気に入って頂けたのならなによりです!



いつも1人でやったり2人でやったり少人数編成でのLIVEが多いい僕ですが
この日はトリオ編成になったり4人編成になったり5人編成になったり
多人数が音を通じて合わさった時の一体感や分厚さの凄まじさや気持ち良さを感じました。

こんなコトを知ったらバンド組みたくなっちゃうよ。笑


昨夜は戸渡陽太の音楽の新たな一面を一つも二つも見つけた夜でした。

終わった後は打ち上げ。

ヒデくんと司くんと僕とスタッフの方々は深夜まで飲んでました笑



本当に良い夜だったな。


こんな良い夜にまた出会う為に明日からまた頑張ろう。



さて、次回の十番勝負は2月25日に下北沢SHELTERにて SUEMITSU & THE SUEMITHさんをお迎えしてLIVEを致します!
今回はピアニストの末光さんをお迎えしてのLIVE!
こちらもどんな音楽的化学反応が起こるか今からとても楽しみです。

皆様、是非ともお楽しみに。


---------------------------------------------------


2016.02.25(木)
『戸渡陽太10番勝負~Vol.6~』
戸渡陽太 / SUEMITSU & THE SUEMITH / 他
下北沢SHELTER

■ OPEN 18:30 ■ START 19:00
■ FEE
前売¥2,000 +1ドリンク
■INQUIRY
下北沢SHELTER 03-3466-7430

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yota Towatari

Author:Yota Towatari
日々の事を

このページのトップへ