記事一覧

タンザニア

今日は、昨日手に入れたタンザニア人シンガーのHukwe Zawoseをずっと聞いてた。

{02D5B343-2E9C-4CFB-B2C5-67C95C6E0F6C:01}



実はその昔、HukweのCDを持ってたんだけども何処かに無くしてしまい
しまいにはデータも飛んでしまい、、という事でCDを再度手に入れたのだ。

ガリンバや木琴、金物の音から成る音楽に乗っかる歌がとても好きでその昔よく聞いてたものだ。


さて、少し話は変わるのだけど
とある諸説によるとタンザニアは人類発祥の地だという事はご存知だろうか?

つまり人類はタンザニアで生まれたあと長い長い歳月を得て世界の隅々まで行き渡り
数え切れ無い程の沢山の歴史を経て僕らが生きている今の時代に至るという訳です。(凄い端折ってますけど笑)


だとすると、音楽が最初に生まれたのもタンザニアだったりするの?なんて思いながら今日は1日過ごしてました。


そんな風に考えると面白いですよね。


僕の予想ですが
きっと、狩りの成功や作物の収穫や子供が生まれた事を祝うために"喜びの儀式"として最初に音楽が生まれたのではないのかと推測しております。
きっと踊ったりする事もその時に生まれたんでしょうね。

それが今や色んな進化を遂げて様々な音楽が出来て…感慨深い物がありますよね。


更に言えば、人類が何故この様に世界各地へ広がって行ったかご存知でしょうか?


それは人類が、未だ見ぬ未開の地を開拓する為…、


ではなく、、




人間の悲しい性なのかな、、その土地で迫害された人達が生きる場所を失い、そして追いやられて未開の土地に行くしかなかったからなんですね。(時を経た今でも似た様な事が続いてますね)
いわゆる島流しの様な事が続いて仕方なく見知らぬ土地に足を踏み入れるという事を繰り返し人類は広がっていったのです。



いつの時代も弱き物は外に出て行く術しか持ち合わせていなかったのだ。



ちなみに、これも面白い話なんだけど
人類は最初は皆、肌が黒かったのだけど
追いやられた弱き物が北欧の土地にたどり着いた時、太陽の光が弱い北欧の土地では 骨が変異を起こして死ぬという事が続いた為、より太陽の光を吸収するべく肌の色が白くなっていったんだとか。

人間も他の動物達と同じように長い年月をかけて環境に適応していったのですね。




と、話を戻しまして。

音楽は最初、作物の収穫や狩りの成功や子孫繁栄を"喜ぶ"為に生まれたのだが(あくまで僕の推測だけど笑)
未開の地に追いやられた人達から生まれた音楽は"悲しみ"や"励まし"を歌った物が多かったのではなかろうか?

そこで、初めて色んな感情を歌に乗せて歌うという文化が生まれたのでは……と。


そんな風に枝分かれ形式で考え出すと際限無いですね笑

土地々々で色んな文化が生まれ、その文化に寄り添った音楽も増えて行っただろうし、それに従って色んな楽器が生まれたんだろうし、沢山のジャンルも生まれていったのだろう。


そんな壮大な歴史の中で、日本という島国に生まれ落ち、音楽という文化に心惹かれ、自らも音を紡ぎ出してるって…
何だか僕も宇宙の一部分にでもなったような不思議な気持ちになります。


いつもタンザニアの音楽を聴くとこんな事を考えてしまう。

Hukwe Zawoseの音楽を聞いてそんな事を思った1日なのでした。

タンザニア、、いつか行ってみたいな。



さて、明日は タンザニア…ではないけれど

名古屋に行きますよ。


名古屋の皆さん一緒に楽しみましょうね!


それでは


-----------------------------------------------------------------



『WINTER SUNSET』

■日時:2016年1月29日(金)open18:00 start19:00

■会場:名古屋 sunset BLUE
            (愛知県名古屋市中区東桜2-18-24 サンマルコビルB1)

■料金:ADV 2,800(D別600)/ DOOR 未定
■出演 : 戸渡陽太
Honey L Days

■チケット:1月16日(土)10:00~
・ダイレクトセンター 052-320-9000
・チケットぴあ http://t.pia.jp/
・ローソンチケット http://l-tike.com/
・TANK!theWEB http://www.sundayfolk.com
・イープラス http://eplus.jp/

■問合せ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(10:00~18:00)

コメント

1. 真夜中に

戸渡さんのブログに気づき
読書をするように
読ませていただきました。

心ある人の歴史に
いつも音楽がそばにあり

そして時間と共に世界共通である『ドレミ』の
重なり合うその音楽のルーツを
戸渡さんの感性から紡ぎだされる言葉に
感動し
そのままウトウトと
眠りにつきました…

そして
私も戸渡さんの音楽に自分の歩きたい道を
進むべく
背中をそっと押してもらっています。
出逢えて幸せを感じています。

名古屋、そして京都と
寒い日が続くようで

少し天候が心配ですが、
もし雪が降るのなら
誇太朗さんとの、お二人の
あかん、あかん、あっかんwの
あつーーーいライブで
その雪を溶かして…^^;(ムリデスネw)
楽しい時間をみなさんで過ごしてくださいね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yota Towatari

Author:Yota Towatari
日々の事を

このページのトップへ