記事一覧

戸渡陽太10番勝負Vol.7

6月18日は「戸渡陽太10番勝負Vol.7」でした。

この日は「I wanna be 戸渡陽太」をリリースした後すぐのLIVEで、事実上のレコ発ワンマンLIVE。
しかも、アルバムに携わって頂いた深沼元昭さん(PLAGUES.GHEEE.mもMellowhead)、高桑圭さん(Curry Giraffe)、白根賢一さん(GREAT3)、をお招きしてのLIVEだったのでアルバムを生で体現してもらうような意味合いもあったり。

個人的な事ですが、尊敬してやまない お三方とご一緒させて頂いた事が本当に嬉しかった!
LIVEだけじゃなく、リハーサルから充実で
リハーサルは長丁場だったんですが、とても楽しくてあっという間でした!

白根さんと圭さんのお話しも楽しかった!笑(卒業アルバムの話はいつか聞けるといいですね笑)


兎にも角にも、今現在の戸渡陽太の最大限を体現出来たLIVEだったと思ってます!

見に来て頂いた皆さんありがとう。


セットリスト 2016.6.18 STAR LOUNGE

01,Beautiful Day
02,すべては風の中に
03,Y
04,SOS
05,青い人達
06,Nobody Cares
07,ハロー・グッバイ
08,長い長い夜を抜けるまで
09,SHIKISAI
10,さよならサッドネス
11,ギシンアンキ
12,木と森
13,Sydney
EC
14,世界は時々美しい

{31B5B94D-D7DA-4336-ADCF-E3A6F16FDFA3}

{1216F8C0-2F96-49E4-B894-D5EA6E01C2ED}

{A4EB2274-08DA-4379-B5AA-A78A074E8AF4}

{E5002AD6-C917-4AD8-810D-936656FE5E74}




ちなみに、僕はシンガーソングライターなのでバンドでの化学反応のようなものはあんまり体験して来なかったんだけど 今回、バンドでのそう言った化学反応のような物を体感出来てとても嬉しかった。

そもそも、バンドでやる上での「乗っかる」とか「引っ張る」とか「前」とか「後ろ」とか全く理解出来ずに苦杯を舐めてた時もあったくらい。笑

いつの間にか、そんな事も理解出来るようになってた自分がいた事も嬉しかったし
何より、深沼さん、圭さん、白根さんと言葉を使わずに「音」を通して会話出来る事が本当に嬉しかったし何より、楽しくて時間があっという間だった。

また、深沼さん、圭さん、白根さんと音楽やりたいな!




そして、重大発表。


ツアー「I wanna be 戸渡陽太 tour 2016」を開催する事が決まりました!

人生初のワンマンツアーです!東京、大阪、名古屋、福岡の皆様よろしくお願い致します!


「I wanna be 戸渡陽太 Tour 2016」
●2016.11.02(水)
大阪 心斎橋 Live House Pangea
●2016.11.03(木)
愛知 名古屋 ell.SIZE
●2016.11.05(土)
福岡 天神 the voodoo lounge
●2016.11.19(土)
東京 渋谷 TSUTAYA O-nest
【チケット】
前売り:All Standing ¥3,000(税込)/当日:All Standing ¥3,500(税込)   1drink別

オフィシャル最速先行
受付期間:6月24日(金)10:00~6月29日(水)23:59
http://r.y-tickets.jp/towatariyota1601-sp



最高のLIVE、音楽をお届けします。
まだちょっと先ですがお楽しみに!



おまけ。

LIVE前の円陣の様子。
{BDF3CD91-1268-48FA-93C9-778F2A3FD9B6}

この円陣で更に気合いが入ったのでした。

コメント

1. ワンマンツアー!

大阪でのワンマン!待ってました!!!
嬉しいです!スケジュールを調整しながら待ってます!期待していますね!

2. 無題

こんにちは!
先日のlive、さらにパワーアップしててかっこよかったですー!
アルバムも、いいものばかりで大好きです。

初とわたりんの友達にも好評ですよ!
戸渡くん、「福岡から?」て驚いてたけど(笑)
遠征してよかったです!

また行くからね!


3. 陽太さんへ

もっと早くコメントしたかったのですが
遅くなりました。。

10番勝負いかせてもらいました。
スタンディング、最近身体がつらくて(笑)
始まるその一瞬まで自信なかったのですが…

始まった瞬間
痛みが…消えた。

もう
とにかく、ここは異次元かと想わせるほど
フワフワして、それでいて力強く体にドクドクと
何かが流れ込む、そんな感じでした。

陽太さんの世界に引き込まれ、
歌の歌詞が心を鷲づかみにし、
陽太さんの想いというか
楽しんでる笑顔が
なんとも愛らしく

ことばにできない
ってことは、こういう気持ちなんだなって
思いました。

ほんとに素敵でした。

陽太さんの歌の世界は、
心の中に隠し通してる自分の思いを
言葉にしてくれるというか、
見栄とか肩書とか…
それは生きていく上では必要だけれど
そんな背負ってるものを
少し軽くしてくれるというか

私にはもうなくてはならないものになってます。
出逢えて本当に良かった。

ディープなラジオ聞きました。
エロい陽太さん
めちゃ…ええですね( ̄∇ ̄)
もっと見てみたい…w

これからも応援させてくださいね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yota Towatari

Author:Yota Towatari
日々の事を

このページのトップへ