記事一覧

福岡滞在。様々な終わり。

先日は福岡にてライブでした。

17日はJR博多シティのクリスマスマーケットにて、18日はいつもお世話になっていて僕を育てて下さったラウンジサウンズカーニバルに出演した。

両日まったく違うLIVEをしたと思う。


17日は博多駅で行われるクリスマスマーケットという事で、博多駅に纏わる曲だったり クリスマスっぽい曲をカヴァーしたりした。


{22501B28-E46C-4761-8A02-036FC99BD73C}

{510337FA-A252-4F7E-AE8E-A75003C991F8}

{93F9AFD9-66A5-4F08-9374-BF6DD24872C9}



セットリスト

01.Sydney
02.SOS
03.ホントの事
04.Hallelujah (Cover:Leonard Cohen)
05.ギシンアンキ
06.あなたの中を旅したい



この日歌った、1st mini albumプリズムの起点に収録されている「ホントの事」という曲は この博多駅で終電を逃した時に生まれたものなのだ。笑

そんな風に曲が生まれた地で歌う事が出来てとても嬉しかった。

また、この日歌った楽曲の中でHallelujahは個人的に一番ベストだった。
何より空気にもあってたし、個人的にはLeonard Cohenが今年亡くなったので、追悼の意も込めながら歌った。

歌ってる時に、自分も会場も何もかもの時が止まる感覚を覚える事がたまにあるけど
Hallelujahの時はまさにそんな感じだった。


ホントに寒い中聞いて下さった皆さんありがとうございました。





そして、翌日のラウンジサウンズカーニバル。
この日は絶対に完全剥き出しのセットリストとライブで臨みたかった。

かく言うのも、僕はこのラウンジサウンズの音楽を通して芸術たる所以を肌で心で感じて育ってきたからだ。
今も、そのときに感じた瞬間や音たちは僕の血肉になって脈を打っている。

何もかも脱ぎ捨てたその剥き出しの音楽を、今の自分を通して奏でたかった。

セットリスト

01.ハロー・グッバイ
02.ギシンアンキ
03.マネキン
04.青い春 (Cover:ボギー)

{DC97DD94-3809-43FB-8024-9D78BDBCDFBB}



ホントに剥き出し過ぎて 尚更時が止まったような感覚でした。
ラウンジサウンズのお客様も最高。皆んな、言葉には出来ないホントのサウンドを貪欲に求めて聴いている。そんな中で音楽を奏で歌う事が出来たのはとても幸せでした。

さらには、最後にラウンジサウンズの主催者で僕を育ててくれたボギーさんの青い春(名曲)をカヴァーしたのですが、急遽ボギーさんが乱入してハーモニカを吹いて下さってとても嬉しかった。

現VooDooLounge で行われるラウンジサウンズカーニバルは最後ということで、自分のラウンジサウンズカーニバルでの音を締めくくる曲はなんだろうと考えたらやっぱり「青い春」を歌う事でした。

更に、この日1番印象的だったのは「チャーリービーンズ」。
実はボーカルのチャーリーさんとは僕が高校生の時から面倒見て貰ってるような兄貴的な存在で、どれくらい面倒見て貰ってるかというと高校をサボってよくチャーリーさんの家に行っていた笑

というわけで僕はチャーリービーンズを初期の頃から知っている。

ラウンジサウンズカーニバルは、そんなチャーリービーンズの解散ライブでもあったのだ。

とても素敵なライブだった。

楽曲も演奏もさる事ながら、僕が1番心震わさせられたのはMC。
彼らの1番最後の瞬間に立ち会えることを不思議に思うと同時に不思議な縁を感じずにいられません。


自分自身の過去の事、そして様々な命の終わりや、歴史の節目を感じずにはいられない、特別な福岡滞在でした。


次はいつ福岡に戻ってこれるかな?

また、一回り成長して帰ってきますね。



ちなみに、明日は熊本の田舎へリフレッシュを兼ねて行ってきます。

コメント

1. 明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。
そして昨年一年、本当にお疲れ様でした。
とても収穫の多い年になりましたね。
新しい出会いも沢山あったし。
やはり、いろいろな方とご一緒させと頂くと勉強にもなりますよね。

今年は一回りも二回りも成長された事と思います。

年明け最初のライブ(^^ゞまたしてもサンクロとご一緒されるんですね(^ー^)

くれぐれも、滝田さんと飲み過ぎないよう気を付けて下さいね!
お酒はほどほどに…

体調管理に気を付けて一歩一歩前に進んで行って下さいね(*^^*)

そしてそしてッ!!是非ッ!!
横浜でのサンクロとのツーマン実現してください!!

楽しみに待ってます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yota Towatari

Author:Yota Towatari
日々の事を

このページのトップへ